《大阪最宴祭5》出展します

ついに発表されました。
2022年02月11日(祝)・12日(土)に開催される《大阪最宴祭5》に【かずみんぐすーん】が出展することとなりました。

【かずみんぐすーん】からは『第1回 危険物処理技術者試験』という公演をさせていただこうと思っております。

爆弾、毒ガス、魔法、鬼……
様々な危険な状況から無事に生還してきた皆さん。
そんな皆さんが正しく危険物を処理できる
スキルを有しているかテストさせていただきます。

『第1回 危険物処理技術者試験』

――あなたは合格できますか?

https://kazumin-mgn.com/kazmingsoon/exam/1/

こちらは2人1チームの20分ホール型(拘束40分程度)となります。
両日合わせて120名(2名×3チーム×10回×2日)の枠をご用意できるかと思います。
(確定情報は大阪最宴祭の公式Twitterでご確認ください)

さて、『TEN MILLION CARRIER』を03月に控えた02月の公演です。
とても大切なタイミングです。
そんな時にどんな公演をやろうか悩みました。
あ、そうなんです。TMC大阪公演03月延期が決まった後にお声掛けいただいたので順番が。
で、悩んだ結果「フェスの一角にガチの試験会場があったら“緊張と緩和”で他の団体の公演がさらに活きるのではないか」と思いました。(本当はもっと雑な話があるのだけど、いつも通り参加者ページに書きますね。)
ですので、【かずみんぐすーん】は他の団体を盛り上げる立場として、(代表の服装以外)緊張感のある場を提供いたします。
うちが目立とうと考えてないところがうちっぽいよね。

まぁ一応謎解き要素はあります。
あと、多少驚くことが起こるかもしれません。

で、ここからが重要なお話です。
この公演、福岡と札幌でのTMCとの同時開催(福岡:02/27&札幌03/21)を決定しております。
よって、もし福岡・札幌から『大阪最宴祭5』に遠征で来られる方がいましたら、その他の地域からの方に枠をお譲りいただけると幸いです。
絶対に取らないでくださいとは言いませんけれども、多数の団体が参加するフェスです。2日間のスケジュールを組むのも大変かと思います。
ですので、福岡・札幌では同公演を確実に行う予定があるので、うちに使う予定の1時間弱を他の団体に使ってあげてください。
そして、福岡・札幌ではTMCとのはしごをしていただけると、うちもとても喜びます。

Q1.仙台ではやらないんですか?
A1.やりたかったけど会場的に難しいようです。

ちょっと今予約している会場だと不都合があるみたいなので、チケット発売順序を考えるとやらない方針です。ごめんなさい。

Q2.東京ではやらないんですか?
A2.フェスがあるならやりますけど、単体ではやりません。

これはね、そういうもんです。
やるなら一度に複数チームでやりたいけど、会場押さえてまでやるほどのサイズでもないしなってやつです。

ということで、02月・03月と連続で大阪にお邪魔します。よろしくお願いいたします。
なお、代表は02月13日(日)に小倉で予定があるので12日(土)の公演が終わり次第、夜行バスに飛び乗って小倉行きです。タイヘンダネ。

#かずみんぐすーん 2021年度決算報告

さて、前回から1ヶ月半経過しまして期末成績です。
(個人事業は12月決算と決まっている)

2021年度実績

対象期間:2021年06月16日~12月31日

=既存コンテンツ=
・ホール型『TEN MILLION CARRIER』
→東京7日間13公演、名古屋2日間8公演開催
・ホール型『TEN MILLION CARRIER REPEAT』
→2日間2公演開催

=新規コンテンツ=
・Web型『marionette』(07月03日~)
→10チーム開催
・持ち帰り謎『封筒松原』(07月16日~)
→直販数70部、委託販売数230部。計300部
・周遊型『TOEI SUBWAY QUEST』(10月16日~)
→直販数45部、委託販売数30部。計75部

収支報告

【収入】
売上:609,095円

【期末資産】
在庫:481,919円(『松原』74,896円、『TSQ』407,023円)

【支出】
原価:655,036円
経費:529,076円

=差引損益(利益)=
▲93,098円
(現金としては約▲57万円)

2021年度の総括

初年度ということもあり、設備投資や営業活動による交通費による経費増があった。
しかし、何よりも一番大きいのは『TOEI SUBWAY QUEST』のターゲット層想定ミスである。
SCRAP社の『地下謎』をプレイする層と【かずみんぐすーん】の情報が届く層には隔たりがあり、前者は主に『地下謎』のサイトでのみ情報を得るため、代替作品を制作したところで、情報が届かないことに気づいていなかった。よって、過剰在庫が生じた。このキット制作のための原価(主にサコッシュがその60%を占める)が大きな支出となった。

東京では『封筒松原』のXEOXY様委託およびQuizKnock・ふくらP様により少し認知されるようになった。余裕が出るまでは自宅開催公演が増えると思うが、会場を借りて開催する公演も検討していきたい。

地方展開に関しては札幌・名古屋・大阪で使用可能な会場の情報を得たことが大きい。これはフットワークの軽い営業活動の成果である。ただし、活かすためには地方展開可能な作品が必要であり、現在では『TEN MILLION CARRIER』のみであるが、難易度と実施可能な会場の制約により難しい点も多い。名古屋に関しては11月に公演を行ったが、大阪に関しては2022年03月に延期となった。
他に地方開催可能な公演がないため、地方展開可能な公演の制作が急がれる。

なお、今年度の損失額は約9万円となっているが、これには既に支払い済みの来年度に開催する『結成5周年記念 TMC5大都市ツアー』の会場費・交通費(約9万円)が含まれており、事実上はそこまで痛手ではない。

2022年度の予定と展望

①東京での新作公演の開催(01月)
『TEN MILLION CARRIER』の東京開催を一時終了し、新作公演『Open the 5th door』を開始する。

②結成5周年記念5大都市ツアーの実施(02月~03月)
自己満足であるが、下記大阪公演の流れで5大都市ツアーを開催する。

③延期していた『TEN MILLION CARRIER』大阪公演の開催(03月)
開催は金曜夜公演から始め3日間で9公演。最大動員27チーム・108名。

④地方展開可能な公演の制作・開催(04月~05月)
1人で運営できるホール型またはルーム型を制作することで、東京以外でも定期的に公演ができるようにする。

下半期については上半期の状況を基に再検討する。再度活動休止となる可能性もある。

以上。

2021年12月31日
【かずみんぐすーん】代表 大地和美

課金というよりかは投資/Advent Calendar 2021

かみやパパからはじまる Advent Calendar 2021
テーマは「今年課金して良かったあんなモノ・こんなコト」
(なんかすごい懐かしい名前を見た。札幌でミスド行ったの何年前だっけねぇ…。)

10日目担当は【かずみんぐすーん】の大地和美です。よろしくお願いいたします。

Who are you?

そうですね、一言で言えば「自由人」です。あと「ろりだんし」です。
無目的n人サークル【かずみんぐすーん】という1人団体の代表をしてます。
団体自体は来年03月で5周年なんですけどね。
いろいろあって2020年02月に一度解散。
精神障害(うつ病と自閉症スペクトラム)と戦いながら社会復帰の足がかりとして今年06月から復活・個人事業化しました。
謎解き、クイズ等に関わらず何でもできるように「無目的」を冠しています。

2021年の振り返り

=01月=
 精神障害者保健福祉手帳交付(2級)。
=03月=
 WAIS-IV検査を実施。IQ145(sd15)を記録。
=04月=
 『魔女見習いをさがして』と同時上映されてた『泣きたい私は猫をかぶる』にハマる。
=06月=
 セーラー服で運転免許更新→ゲーセンで年齢確認される。
 【かずみんぐすーん】個人事業化。
=07月=
 Web公演『marionette』公演開始。
 ホール公演『TEN MILLION CARRIER』再開。
 持ち帰り謎『封筒松原』販売開始。
 常滑・高山聖地巡礼旅『泣きたい魔女見習いは猫をさがして』実施→聖地巡礼本(pdf)制作中。
 名古屋出張。
=08月=
 大阪出張。
 札幌出張。
=09月=
 SCRAPのサマフェスでの『謎解きバトルロワイヤル』で3位入賞。→メイドのおおちかずみで浸透。
=10月=
 都営地下鉄周遊謎『TOEI SUBWAY QUEST』発売開始。
=11月=
 仙台出張。
 『TEN MILLION CARRIER』名古屋公演開催。→栄でナンパされる。
=12月=
 鬱症状の深刻化を指摘され、休養を勧められるも無視を宣言。

1新作、1リメイク、2復刻。個人の半年ならまぁまぁでしょう。そう思いましょう。
一応来年03月までの予定は決まってますし、09月までの計画は考えてるので。

本題「今年課金してよかったコト」

Ans.故・イベント制作団体【ゆうげん】のコンテンツ開催お礼参りの交通費

もうこれに尽きます。
旧【ゆうげん】メンバー(半年間)だったからという理由1つだけで、制作にも関わってない、本来やらなくてもいい、DM等でお礼を伝えるだけでも十分に周りから「よくやってる」と思われるだろうことを、ちゃんと現地(名古屋・札幌)に行って挨拶をする。
その分の交通費(約7万円)です。

これによって名古屋では【なぞねこ】様と繋がりができ、『TEN MILLION CARRIER』の名古屋公演が開催できました。
札幌でも【かみやパパ】様・【Cube】様・【ゆこる】様など、多くの方々とお話することができました。
それぞれ行くと決めてから1~2日後のことです。行動力のパラメーターがバグってる。

この経験から、「地方でも需要があるならばこっちから開催しに行きたい」という気持ちが強くなったように思えます。

えぇ、強くなったんです。そんな気持ちが。

ということで…

【かずみんぐすーん】結成5周年記念 5大都市ツアー

を開催します!

えぇ、やりますよ。5周年ですから。
210分なんてやばい公演は作れなくても、やばい行動力でカバーします。
時間等の詳細は後日発表いたしますが、日程と会場だけ先にお伝えします。

第1都市<東京>(5都市にするためのおまけだ)
日付:2022年02月23日(祝)
会場:はうすおぶかずみんぐすーん

第2都市<福岡>(九州謎丼「人的バグ」事件のリベンジ)
日付:2022年02月27日(日)
会場:博多駅周辺のレンタルスペース

第3都市<大阪>(09月開催予定の延期分)
日付:2022年03月04日(金)~06日(日)
会場:浪速区民センター

第4都市<仙台>(開催依頼がありましたので)
日付:2022年03月13日(日)
会場:日立システムズホール

第5都市<札幌>(『ウボンゴトライアル』開催のお礼に)
日付:2022年03月21日(祝)
会場:札幌市教育文化会館

それぞれの日程、各地の方々は予定を空けておいてください!
あたしは毎週各地に行きます。もちろんスタッフも東京から連れていきます。既に各会場・航空券・ホテル・スタッフ、全て予定は押さえました。(大阪は09月に、他は11月に会場確保)
名古屋飛ばしじゃないです。名古屋は11月に先出しでやったので。(名古屋はもう少し期間あけてもう1回行きます。)

――どこからか聞こえてきた声
「東京って言っても『TEN MILLION CARRIER』はもうやったんだけど」
「新作まだなの?いつまで待てばいいの?」

ん?都営地下鉄周遊謎『TOEI SUBWAY QUEST』があるでしょう。
あ、「想定時間が6~8時間は長い」「寒いから周遊する気にならない」
全く贅沢な人たちですねぇ。

分かってました。その声が出るのは想定しておりました。
ので!

東京での新作トリデ型公演の開催が決定

しております!

タイトルは『Open the 5th door』(#すーん5door)

日程は2022年01月22日(土)~02月05日(日)。
会場は《はうすおぶかずみんぐすーん》です。
一軒家をほぼまるごと使って、たった4人で貸切るいわゆるハウス型公演になります。
昨日テストプレイを行いましたが、知力と体力とチームワークが重要な公演になっております。(すーんTMCほどの難易度はないと思うよ)

そして、これに伴い公演ご招待RTキャンペーンも開催します。

【かずみんぐすーん】団体Twitterをフォローした上で、上の画像が添付されたツイートに対して引用リツイートで「ドア開けたい」とツイートすることで、抽選で何名かを前述の5大都市ツアー公演も含めて1公演無料ご招待いたします。
そして、その当選人数はリツイート数・引用リツイート数の合計で決定いたします。
ぜひともご参加ください。

ということで、2022年もやれる限りやりたいことを突っ走っていく所存です。
今後とも【かずみんぐすーん】をよろしくお願いいたします!

【かずみんぐすーん】5ヶ月中間報告

平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
…なんて書くほど大した団体じゃないのです。
そもそも法人じゃないので決算報告書を作る必要もないのですが、「リアルをオープンにする」というのが最初からの取り決めですので、なんか盛り上がってるみたいですしおおっぴらに書きましょうということです。

活動実績

対象期間:2021年06月16日~11月15日

=既存コンテンツ=
・ホール型『TEN MILLION CARRIER』[参加費2,500円]
→東京7日間13公演、名古屋2日間8公演開催
・ホール型『TEN MILLION CARRIER REPEAT』[参加費2,500円]
→1日1公演開催

=新規コンテンツ=
・Web型『marionette』 [参加費カンパ制] (07月03日~)
→10チーム開催
・持ち帰り謎『封筒松原』 [500円/700円] (07月16日~)
→直販数55部、委託販売数180部。計235部
・周遊型『TOEI SUBWAY QUEST』 [3,000円/3,500円] (10月16日~)
→直販数39部、委託販売数30部。計69部

収支報告(在庫棚卸は現状除く)

【収入】
売上:333,497円
BOOTH11月入金見込:79,896円

収入計:413,393円

【支出】
原価:654,536円
経費:295,537円

支出計:950,073円

=差引損益(利益)=
▲536,680円

原価の原因

『TOEI SUBWAY QUEST』のサコッシュが360,406円と55%。
というか、『TOEI SUBWAY QUEST』の全制作費が472,780円(72%)。
(→一方、回収が153,666円しかできていないので完全なる失敗作である。)

『封筒松原』も印刷費が61,160円。
(→こちらは回収が88,702円。正直広告費扱い。)

経費の原因

各地の営業活動交通費とトランシーバー。以上。

来年どうするよ

とりあえず1月から新作公演やるけども、正直『都営』の赤字を回収するためには2,500円キープは無理ですね。来週末のTMC名古屋も現状の利益は7,510円なので。
どこまで上げる必要があるかは今後検討します。

約束したTMC大阪延期公演までは突き進みます。
でもその後の動き、「4月以降も継続するか」については未定にさせてください。
継続することで生きていけなくなる可能性が多々あります。
再び全ての活動をやめれば、出費が飲食費だけになるのでなんとか生きられます。
その選択を、大阪までにします。しばしお待ち下さい。

2021年11月15日
【かずみんぐすーん】代表 大地和美

『フォトリド vol.5』振り返り

大変にスタッフの方々含め皆さんお疲れさまでした。
2021/11/14【Team眼鏡と大熊と狐】の動きです。

これでフォト947点(1500点満点)が獲得できました。
では、事前準備からルート選択を振り返ってまいります。
以降は「実際ルートよりも高得点が取れるか」「フォト以外は無視する」の観点で記載してまいります。

事前準備/作戦会議

エリア内の全交通機関の位置と時刻表を調べ、冊子として持ち歩くことにしました。
内容はこちら

作戦としては「分速5点という効率計算」がありました。
例えば行くのに4分追加でかかるが15点しか獲れないなら捨てるみたいな感じですね。
([12]が飛んでるのはそういうことです)

スタート地点について

最初は『四ツ木案』と『鐘ヶ淵案』がありました。
が、鐘ヶ淵は北千住にも南千住にもアクセスがいいんですね。
ということは、「行って出る」をしやすいということになります。
一方、四ツ木は交通手段が葛飾警察署から綾瀬行きのバスしかありません。
つまり、「来た道を戻る」になる可能性が高くあります。
これより、アクセス難で高得点の期待もできる『四ツ木案』が採用されました。

さて、道中に『五反野説』、感想戦で『綾瀬説』も浮上しました。
(スタート以降の検討ですのでポイントが分かっている状態とします。)
『五反野説』を検証してまいります。
五反野から[60][21][90]と確保すると千住車庫前バス停から南に向かっていくことになります。これ、結構トラップでして、次の停留所は千住四丁目となり、[33][34]を通り越してしまうんですね。ということで次に取るのは[17][16][15]となっていきます。「アクセスのいい場所は低得点」と考えると、初手北千住行きは得策と思えません。

続いて『綾瀬説』です。
[85]がおいしいですね。ここで我々のルートに立ち返ってみます。
我々のルートでは[95]の到着は13:30過ぎ。ここまでに[19][40][20][39][31]と149pts獲得しています。
綾瀬スタートで13:30過ぎに149pts以上を獲得して[95]に到着できるならばそちらが正解だったとなります。
で、検討しますと149pts獲得後に綾瀬駅発13:15のバスで[95]最寄りの堀切二丁目バス停に行かなければならないとなります。
つまり[85][50]とあと1ヶ所を15分以内に回る必要があるということです。無理です。

よって「四ツ木」をスタート地にするのは間違いではありませんでした。

[100]のその後

[28]獲得後に[100]を獲得し、堀切橋まで戻るという選択をしました。
ここで[23]に向かっていったらどうなっていたでしょうか。
[23][26]と獲得し堀切六丁目から綾瀬駅へバスという選択になっていたと思われます。その後[85][25][24]を獲得して[75][80]のある南千住へ一気に電車移動と考えられます。
綾瀬ルートですと獲得点数は183pts、実際ルートは159ptsです。
我々が[100]を獲得したのが14:00頃。
実際ルートで[75][80]も獲得して南千住駅に到着したのは15:03。おそらく綾瀬ルートを選択した場合、ものすごく頑張って堀切六丁目発14:26→綾瀬駅着14:35。そこから3ヶ所獲って南千住駅に15:03には到着できませんし、まだ[75][80]も獲れていません。

よってこの「[100]を獲って引き返す」という選択は大正解でした。

鐘紡でのバス5分遅延

[37]を獲得した時刻が14:32頃。
鐘紡発鐘ヶ淵方面のバスが14:35にあることを確認していたので、そのバスで[38]のある墨田二丁目へ行く決断をします。
しかし、このバスが5分遅延し、14:40発になりました。
この5分は痛手だったのでしょうか。

実際ルートを確認しますと、この後[75][80]を獲得して15:02に南千住四丁目バス停で交差点待ちをしている南千住駅東口行きのバスに遭遇します。
このバスの乗車時間は1分程度、徒歩移動しますと5分程度かかる距離です。
つまり、鐘紡発のバスの遅延分を南千住のバスで巻いたことになります。
よって、南千住駅到着時刻に大きな差はなかったと思われるとともに、結果的に南千住での徒歩距離を減らすことになっていました。

勝負の北千住

南千住から千住大橋に行き、五反野方面へ行くルートを検討しましたが、このルートは2つ検討されていました。
「バスで千住車庫前に行くバスルート」「千住大橋→京成関屋→牛田→五反野の電車ルート」の2つです。
千住大橋駅近くの[14]に到着した時間は15:20頃。
一時は千住大橋から千住車庫前に直行するバスの時間が無いため「電車ルート」を選択し、千住大橋駅に向かい始めました。このルートでは五反野駅に15:42に到着します。[60][90]はギリギリ獲れたでしょう。

しかし、直後「[32]を獲得して北千住から五反野を目指すルート」が浮上します。
北千住発15:38です。十分に間に合ったと思います。上記と同じ時刻ですので[60][90]獲って終わりです。

しかしさらに検討が続きました。そこで出たのが「北千住駅に直行して千住車庫に行くルート」です。
北千住駅15:31発がギリギリ間に合います。千住車庫前には15:40に到着します。千住車庫前は[90]の最寄りですので、五反野駅から歩く時間がなくなります。
さらに気づきます。その次のバス停である千住二丁目が[16]のポイントであると。
千住二丁目発は15:32。さらに歩く距離も短く済みます。
こうして千住二丁目で[16]を獲得、千住車庫前から[90]を獲得し、徒歩で[60]を獲得した上、さらに[21]を獲得する時間が生まれました。

さて[14]から[32]を獲得しに行った場合は[32]以降の合計が132pts。
一方実際ルートでは137pts獲得できています。
これは北千住直行に切り替えかつ千住二丁目に気づき間に合ったファインプレーです。

総合して

スタート地点から最終地点まで致命的な無駄はなかったように思えます。
むしろ、最善手を常に打ち続けられていたと言えるかもしれません。
この判断が連続してできるチーム、とても恐ろしいです。