『新米車掌トウカイと失くし物の迷子さん』現状で分かることを旅行業務取扱管理者が推測解説

っていう最近のまとめブログっぽいタイトルのやつ一度書いてみたかった。

さて、タカラッシュから東海道新幹線を使用したリアル宝探しイベントが発表されました。

『JR東海xリアル宝探し【新米車掌トウカイと失くし物の迷子さん】』
https://huntersvillage.jp/LP/novice_conductor_toukai/

上記イベントは明日03月16日(水)16時から受付開始となるわけですが、現状においてわかりにくい点もあるので旅行業務取扱管理者目線から可能な限りわかりやすく推測で解説します。
なお、03月15日(火)現在の推測であるため、正確な情報はタカラッシュ様・JTB様への確認をお願いいたします。
→03月16日(水)/旅行商品の詳細が出ましたので一部変更・追記しました。

【重要】このイベントは募集型企画旅行商品です

「募集型企画旅行」というのは聞き馴染みのない言葉かと思いますが、要は「パッケージツアー」です。
今回の場合は「JTBが事前に旅行の出発地(東京駅)・目的地(名古屋駅)・日付・ルート(新幹線)・代金(大人21,000円/小児15,500円)を決めて、ネットで旅行者を募集して実施する」という形式になります。
参加者はその募集に合わせて「この日付の回に参加します」と手を挙げて、契約を結ぶということになります。

この形式のため、以下の制約があります。

①「当日空いたから参加しよう」ということはできません。

旅行商品のため、事前に契約を結ぶ必要があります
そのため、普段の周遊型イベントと異なり、事前申込みの上キットの到着を待つ必要があります。
今回のイベントでは12日前が申し込み締め切り日となっております。また、各日200名の先着となっておりますので参加したい日の申し込みができない可能性もあります
流れとしては「参加者が申し込み(12日前まで)」→「JTBからキットの送付(7日前目安)」→「参加者がキットの受け取り」→「実際にイベント参加」ということになると思われますので、忘れないうちに確実に参加できる日程の申し込みをおすすめします。

②申し込み後の取り消しには所定の手数料がかかります。

契約を結ぶことになりますので、契約取り消しにはJTBの定める取消手数料がかかります。
取消手数料は「11日前までは無料」「10日前から20%」「7日前から30%」「前日は40%」とされています。なお、この日数は「キットの返却を行い、JTBに到着した日」が基準となりますのでご注意ください。
とにかく、一度申し込んだ後の日程変更は基本的に不可(キャンセル料を払えばおそらく可能)とお考えください。

③東京駅以外から始めることはできません。

この旅行商品では出発地が東京駅と定められています。
よって、東京駅以外の駅から乗車して開始することはできません
もしメタで行き先がわかったとしても「品川駅からスタート」等はできません。東京駅まで行って、一度改札の外に出て手がかりを得た後、JR東海の改札から乗車し直してください。

④事前に決められたルートと異なるルートでは行けません。

この旅行商品では「東京→名古屋→東京を東海道新幹線こだま号自由席で行く」という往復ルートが定められています。このルートから外れることはできません。
例えば「東京駅から新横浜駅まで東海道新幹線のぞみ号を使う」ということはできません。こだま号のみを利用してください
また、東京~名古屋間の駅で途中下車(改札の外に出ること)・折り返し乗車はできません。必ず行きは名古屋駅まで改札を出ることなく折り返さず(東京方面には戻らず)に進んでください。帰りに関しても同様に東京駅まで改札を出ることなく折り返さず(名古屋方面には戻らず)に進んでください。
途中で「さわやかでハンバーグ食べたいから静岡で降りよう」とかできません。残念だね。

⑤複数日に渡って行うことはできません。

この旅行商品は日帰りです。よって、「東京→名古屋」「名古屋→東京」は同日に行う必要があります。謎解きは「東京→名古屋」の行きのみで完結しますが、終了後に名古屋に宿泊して別の日に名古屋から帰ることはできません
さらに、名古屋駅からの帰りのこだま号終電に乗ることができない事が判明した瞬間に終了になります。帰りの乗車時間を考えて謎解きを進め・名古屋に滞在してください。

⑥特別補償が付きます。

悪いことばかり書いてきましたが、多少のメリットということで。
この旅行商品は「企画旅行」ですので、イベント中に発生した偶発的な事故によって入院・通院することになった場合、携帯品が盗難・破損した場合には補償金が支払われる可能性があります。
参加者の故意によるものは当然ダメですが、「階段で他の人にぶつかられて転落し骨折」とか「新幹線でトイレに行ってる間にかばんを盗まれた」とかの場合はJTBからいくらか補償金が支払われることになるかもしれません。(JTB 旅行業約款 募集型企画旅行契約の部 第28条)


ちなみに、単純に東海道新幹線こだま号で東京~名古屋を往復すると21,120円ですので、途中降車できる通常料金と比較しても安いよねって感じです。(途中降車できない日帰りツアープランならもっと安いのは当然ある)(途中降車にメリットを感じるかは人それぞれ)

東京→名古屋がこだま号で2時間40分くらい、こだま号の運行間隔が30分ごと、想定最短時間が5時間ってことを考えると途中降車は4回くらいなのかなと思う次第。予想だけどね。(あと、書き方的に名古屋終了で帰りは途中降車しないんじゃないかなという)(←当たってんのかよ)

以上、プレスリリース時点でわかっていることのまとめ&推測です。ここがわからないとかありましたらお気軽にお聞きいただければ。
では、楽しい宝探しライフを。
ばばーい☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。