2022年06月までの #かずみんぐすーん

2022年03月23日。【かずみんぐすーん】は活動開始から5周年を迎えました。
(R-1グランプリ的には活動してない期間は含まないそうなので4年でした。)
向こう3ヶ月の予定をまとめておきます。

①『Open the 5th door』(東京)

=公演形態=
トリデ型(1チーム4名)
=会場=
はうすおぶかずみんぐすーん
=開催日程=
04月16日(土),17日(日),23日(土),24日(日),05月03日(祝),04日(祝),05日(祝)
各日10:00 12:30 15:00 17:30 20:00
=参加費=
3,000円

https://kazumin-mgn.com/kazmingsoon/door/

正直、これがやりたくて【かずみんぐすーん】第2部が始まったと言っても過言ではないです。
GW遠征勢向けに3連休に入れたけど西側が盛んなようなので東側は黙ってます。

②『第1回 危険物処理技術者試験』(東京)

=公演形態=
ホール試験型(1チーム最大2名/会場マッチングなし)
=会場=
Crave西新宿03
=開催日程=
04月30日(日)
10:30~19:30まで毎時30分(10回)
=参加費=
1,000円(2人プレイの場合は計2,000円)

http://kazumin-mgn.com/kazmingsoon/exam/1/

《大阪最宴祭5》の公演を東京で開催します。
《カフェ謎イベント なぞすぽっと》に合わせて開催しますので、はしごでどうぞ。

③『TEN MILLION CARRIER』(大阪)

=公演形態=
ホール型(1チーム4名)
=会場=
浪速区民センター 第5会議室
=開催日程=
05月28日(土),29日(日)
各日11:00 13:30 16:00 18:30
=参加費=
3,000円

https://kazumin-mgn.com/kazmingsoon/tmc/next/20220528.php

④『TEN MILLION CARRIER』(名古屋)

=公演形態=
ホール型(1チーム4名)
=会場=
謎解きカフェ&ボードゲームなぞねこ
=開催日程=
06月04日(土) 12:00 14:15 16:30 18:45
06月05日(日) 13:15 15:30 17:45
=参加費=
3,000円

https://kazumin-mgn.com/kazmingsoon/tmc/next/20220528.php

延期し続けてもう最初の頃の盛り上がりはなくなった気がするTMC大阪と、2回目やると宣言してきたTMC名古屋。

⑤『marionette』(web)

=公演形態=
Twitter グループDM使用web型
=開催日程=
06月15日(水)までの他公演のない日
=参加費=
カンパ制

https://kazumin-mgn.com/kazmingsoon/marionette/

2018年のオンライン企画を2021年に復刻する。
今では当たり前になったことが、当時は珍しかったのです。


ここから重要
以上の公演を持ちまして、2022年06月16日(木)より【かずみんぐすーん】は無期限の活動停止期間に入ります。
活動再開時期は未定となりますが、年単位を想定しておいてください。
なお、停止期間中にも行うことは下記となります。
・BOOTHでの販売、発送
・デバッグ、テストプレイ、スタッフの依頼受付
この程度はしておかないと完全に社会から離れてしまうので。

理由は単純です。「大地和美のうつ病症状の悪化」。これに尽きます。
東京・福岡・大阪・仙台・札幌のTMCツアーがまん延防止等重点措置期間によって白紙化した頃から新たに行動を起こすことが無意味に感じるようになり、隔週の通院以外に外出することがほぼなくなると共に、自宅にいても常に眠気と戦いつつ何もしてなくても疲労を強く感じるようになりました。掃除や洗濯は当然できないし、風呂に入るのも2日に1回くらいになるし、とにかく日常生活を今までのように送ることが難しくなってきたのです。

社会生活への復帰の足がかりとして進めていた【かずみんぐすーん】を継続すること=常に新たな何かを創造し続けることが、これらの症状悪化をさらに強めてしまうため、現在決まっている公演日程を残して新規公演開催を一時停止といたします。
(医師からも休めって何度も言われてたのを無視していた。)

なお、前述しましたがBOOTHは残しておきます。発送業務は継続いたします。
『TOEI SUBWAY QUEST』も終了にしようかと思いましたが、メンテ作業を行わない状態で継続することにしました。よって、状況変化によって解けない状態になる可能性があります。その点はご理解ください。また周遊部分を除いたPDFアーカイブ版の発売も予定しております。東京以外の方はそちらでお楽しみください。

それでは、ひとまず残り3ヶ月、よろしくお願いいたします。

【#かずみんぐすーん】2022年03月までの地方公演

新型コロナウイルス感染症の第6波と呼ばれる感染拡大が続く中、各地に「まん延防止等重点措置」が発令され辛い思いをしている方も多いかと思われます。
現在申込受付・開催している公演の2022年03月までの予定・対応についてご連絡いたします。

《大阪最宴祭5》『第1回 危険物処理技術者試験』

https://kazumin-mgn.com/kazmingsoon/exam/1/

大阪最宴祭運営(@banquetest_fes)からの確定発信をお待ち下さい。
【かずみんぐすーん】としては運営が開催判断をした場合は公演を行います。
その際、現在「2名×3チーム」としているところを「要望に応じて1~2名×最大6チーム(2人チームを希望される場合のみ2人チーム/全体定員6名)」とする可能性がございます。
福岡会場・札幌会場は下記ツアーの開催条件に従います。

『TEN MILLION CARRIER』5大都市ツアー

https://kazumin-mgn.com/kazmingsoon/tmc/next/20220304.php

東京を除く地方都市全公演を統一して開催基準を決定いたしました。

①東京都台東区と会場所在地の双方にまん延防止等重点措置または一方にでも緊急事態宣言が発令された場合は中止
②発令されていなくても会場が無手数料でキャンセル可能の場合は中止

また、中止公演につきましては延期検討もいたしました。延期条件は以下の通りです。

③判断日現在の予約者数の50%が延期後に参加すると仮定し、感染拡大リスク及び採算性(対会場費)から延期開催が現実的ならば延期検討。
※この50%基準は「前回の大阪予約者数57名に対する今回の大阪予約者数32名」から概算した値です。

この決定に伴い、各都市の開催基準詳細は以下の通りとなります。

02/23(祝) 東京→現予約0名

予約があれば開催いたします。

02/27(日) 福岡→現予約2名

無手数料キャンセル期限を過ぎましたが、以降はキャンセル料が上がるだけですので、【全公演の中止】といたします
③仮定参加人数1名に対し、スタッフ2名の移動は感染拡大リスクが大きいと判断せざるを得ないため、【延期開催は行いません】

03/04(金)~06(日) 大阪→現予約32名

②02/01現在で全額返金となりますので、【03/04~06の公演は全公演の中止】といたします
③仮定参加人数16名に対しスタッフ3名であること、大阪最宴祭での追加告知可能性があることを加味し、【再延期開催検討】といたします。

03/13(日) 仙台→現予約4名

既に施設使用料の返還が発表されておりますので【全公演の中止】といたします
③仮定参加人数2名に対し、スタッフ2名の移動は感染拡大リスクが同じと判断せざるを得ないため、【延期開催は行いません】

03/21(祝) 札幌→現予約7名

札幌市にまん延防止等重点措置が延長適用された場合、全公演の中止といたします。
確定は02月中旬~下旬を想定しておりますが、延長期間によっては03/04(金)頃となる可能性もあることをご了承ください。
③中止判断となった場合、仮定参加人数3.5名とスタッフ2名の比較となりますが、少なくとも会場費分(9名)ほどの参加人数がないと厳しいかなという印象です。

突然の決定でご迷惑おかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

2022年02月01日
【かずみんぐすーん】大地和美


地方はね、やりたいんだよ。
でもね、やりたい気持ちだけじゃ動けないの。
「やりたいからやった。それで生活成り立たなくなったから死ぬことにします。」
これが起きたら誰も幸せになれないの。
だから福岡・仙台はごめん。今回は行けません。
札幌も大阪も本当は厳しいです。『5door』の分が全部飛びます。
親に借金してまでやることなのかなって考えたら、動けなくなりました。
「またいつか」が本当にあるかなんて確約できません。
確約できないことは言いたくありません。
コロナが落ち着いたらフェスでもまたあるんでしょう。
そのときに呼んでください。そしたら行きます。
これは確約しましょう。「行きます」。
結局そういうものです。
人がいるならやるけど、いないならやらない。
どこの団体もそうやって東京に集中していくのです。
つまんねぇの。つっまんねぇーの。

《大阪最宴祭5》出展します

ついに発表されました。
2022年02月11日(祝)・12日(土)に開催される《大阪最宴祭5》に【かずみんぐすーん】が出展することとなりました。

【かずみんぐすーん】からは『第1回 危険物処理技術者試験』という公演をさせていただこうと思っております。

爆弾、毒ガス、魔法、鬼……
様々な危険な状況から無事に生還してきた皆さん。
そんな皆さんが正しく危険物を処理できる
スキルを有しているかテストさせていただきます。

『第1回 危険物処理技術者試験』

――あなたは合格できますか?

https://kazumin-mgn.com/kazmingsoon/exam/1/

こちらは2人1チームの20分ホール型(拘束40分程度)となります。
両日合わせて120名(2名×3チーム×10回×2日)の枠をご用意できるかと思います。
(確定情報は大阪最宴祭の公式Twitterでご確認ください)

さて、『TEN MILLION CARRIER』を03月に控えた02月の公演です。
とても大切なタイミングです。
そんな時にどんな公演をやろうか悩みました。
あ、そうなんです。TMC大阪公演03月延期が決まった後にお声掛けいただいたので順番が。
で、悩んだ結果「フェスの一角にガチの試験会場があったら“緊張と緩和”で他の団体の公演がさらに活きるのではないか」と思いました。(本当はもっと雑な話があるのだけど、いつも通り参加者ページに書きますね。)
ですので、【かずみんぐすーん】は他の団体を盛り上げる立場として、(代表の服装以外)緊張感のある場を提供いたします。
うちが目立とうと考えてないところがうちっぽいよね。

まぁ一応謎解き要素はあります。
あと、多少驚くことが起こるかもしれません。

で、ここからが重要なお話です。
この公演、福岡と札幌でのTMCとの同時開催(福岡:02/27&札幌03/21)を決定しております。
よって、もし福岡・札幌から『大阪最宴祭5』に遠征で来られる方がいましたら、その他の地域からの方に枠をお譲りいただけると幸いです。
絶対に取らないでくださいとは言いませんけれども、多数の団体が参加するフェスです。2日間のスケジュールを組むのも大変かと思います。
ですので、福岡・札幌では同公演を確実に行う予定があるので、うちに使う予定の1時間弱を他の団体に使ってあげてください。
そして、福岡・札幌ではTMCとのはしごをしていただけると、うちもとても喜びます。

Q1.仙台ではやらないんですか?
A1.やりたかったけど会場的に難しいようです。

ちょっと今予約している会場だと不都合があるみたいなので、チケット発売順序を考えるとやらない方針です。ごめんなさい。

Q2.東京ではやらないんですか?
A2.フェスがあるならやりますけど、単体ではやりません。

これはね、そういうもんです。
やるなら一度に複数チームでやりたいけど、会場押さえてまでやるほどのサイズでもないしなってやつです。

ということで、02月・03月と連続で大阪にお邪魔します。よろしくお願いいたします。
なお、代表は02月13日(日)に小倉で予定があるので12日(土)の公演が終わり次第、夜行バスに飛び乗って小倉行きです。タイヘンダネ。

#かずみんぐすーん 2021年度決算報告

さて、前回から1ヶ月半経過しまして期末成績です。
(個人事業は12月決算と決まっている)

2021年度実績

対象期間:2021年06月16日~12月31日

=既存コンテンツ=
・ホール型『TEN MILLION CARRIER』
→東京7日間13公演、名古屋2日間8公演開催
・ホール型『TEN MILLION CARRIER REPEAT』
→2日間2公演開催

=新規コンテンツ=
・Web型『marionette』(07月03日~)
→10チーム開催
・持ち帰り謎『封筒松原』(07月16日~)
→直販数70部、委託販売数230部。計300部
・周遊型『TOEI SUBWAY QUEST』(10月16日~)
→直販数45部、委託販売数30部。計75部

収支報告

【収入】
売上:609,095円

【期末資産】
在庫:481,919円(『松原』74,896円、『TSQ』407,023円)

【支出】
原価:655,036円
経費:529,076円

=差引損益(利益)=
▲93,098円
(現金としては約▲57万円)

2021年度の総括

初年度ということもあり、設備投資や営業活動による交通費による経費増があった。
しかし、何よりも一番大きいのは『TOEI SUBWAY QUEST』のターゲット層想定ミスである。
SCRAP社の『地下謎』をプレイする層と【かずみんぐすーん】の情報が届く層には隔たりがあり、前者は主に『地下謎』のサイトでのみ情報を得るため、代替作品を制作したところで、情報が届かないことに気づいていなかった。よって、過剰在庫が生じた。このキット制作のための原価(主にサコッシュがその60%を占める)が大きな支出となった。

東京では『封筒松原』のXEOXY様委託およびQuizKnock・ふくらP様により少し認知されるようになった。余裕が出るまでは自宅開催公演が増えると思うが、会場を借りて開催する公演も検討していきたい。

地方展開に関しては札幌・名古屋・大阪で使用可能な会場の情報を得たことが大きい。これはフットワークの軽い営業活動の成果である。ただし、活かすためには地方展開可能な作品が必要であり、現在では『TEN MILLION CARRIER』のみであるが、難易度と実施可能な会場の制約により難しい点も多い。名古屋に関しては11月に公演を行ったが、大阪に関しては2022年03月に延期となった。
他に地方開催可能な公演がないため、地方展開可能な公演の制作が急がれる。

なお、今年度の損失額は約9万円となっているが、これには既に支払い済みの来年度に開催する『結成5周年記念 TMC5大都市ツアー』の会場費・交通費(約9万円)が含まれており、事実上はそこまで痛手ではない。

2022年度の予定と展望

①東京での新作公演の開催(01月)
『TEN MILLION CARRIER』の東京開催を一時終了し、新作公演『Open the 5th door』を開始する。

②結成5周年記念5大都市ツアーの実施(02月~03月)
自己満足であるが、下記大阪公演の流れで5大都市ツアーを開催する。

③延期していた『TEN MILLION CARRIER』大阪公演の開催(03月)
開催は金曜夜公演から始め3日間で9公演。最大動員27チーム・108名。

④地方展開可能な公演の制作・開催(04月~05月)
1人で運営できるホール型またはルーム型を制作することで、東京以外でも定期的に公演ができるようにする。

下半期については上半期の状況を基に再検討する。再度活動休止となる可能性もある。

以上。

2021年12月31日
【かずみんぐすーん】代表 大地和美